海外旅行はマネーベルトがおすすめ

海外旅行でのお金の管理は大丈夫?おすすめのマネーベルト5選

海外旅行に持っていきたいマネーベルトとは

タビスケ
マネーベルトとは、財布やパスポートなどの貴重品を収納できるバッグのこと。

 

主にお金を入れて使うことから、「キャッシュベルト」「セキュリティポーチ」とも呼ばれています。

海外では観光客をねらう犯罪が多いため、貴重品をマネーベルトに入れて肌身はなさず持つのがおすすめです。

今回は海外で遭遇しやすい盗難の例と、おすすめのマネーベルトを紹介します。

マネーベルトで防止できる海外の犯罪

マネーベルトがあるとどうなるか

ここでは海外で遭遇しやすい、マネーベルトで防止できる犯罪の例をご紹介します。

海外でよくある犯罪「スリ」

タビスケ
日本でもあるけど、気がついたら貴重品が盗まれていることも海外ではよくあること。

通りすがりや人混みで貴重品を盗まれるスリ被害。

集団で人を囲み、観光客が気を取られている隙に仲間がスリを行う「集団スリ」も頻繁に行われています。

犯罪とはちょっと違うけれど「置き忘れ」

タビスケ
うっかり荷物を置き忘れることも…。

 

海外の電車やレストラン、タクシーなどでカバンを置き忘れると、手元に戻ってくる可能性はほとんどありません

置き忘れを防ぐためにも、荷物を肌身はなさず持ち歩く必要があります。

財布の上からも情報を抜かれる「スキミング」

タビスケ
クレジットカードの情報を抜かれるスキミング被害!

スキミングとは、「スキマー」という機器を使ってクレジットカードを読み取り、「偽造カード(クローンカード)」を作成して不正利用する犯罪のことです。

スキミング防止素材のマネーベルトを使うことで、電車内や人混みでのスキミングを防止することができます。

危ない場所には行かないこと「強盗」

タビスケ
旅先で強盗にあった際は自分の命を守ることが優先、手持ちのバッグは大人しく渡そう。

少量のお金をバッグに入れておき、メインの貴重品をマネーベルトにしまっておけばすべて奪われるのを防止できます。

マネーベルトは薄型に作られていることが多く、衣服の中に忍ばせられるので気付かれません。

マネーベルトを選ぶ時のポイント

マネーベルトの選び方

ここではマネーベルトを選ぶ時のポイントについて紹介します。

マネーベルトの種類(タイプ)

タビスケ
マネーベルトには様々なタイプのものがあり、首掛けや肩掛け、ベルトタイプなどがあります!

首掛けタイプはたくさんポケットがあるものが多いのが特徴。

肩掛けタイプのものは、ウエストにつけれるものも多く、すぐに取り出せるコンパクトなものが多いです

デザインはオシャレじゃないものが多いですが、目立たない方が安全なため、デザイン性よりも機能性を重視することをおすすめします。

マネーベルトの容量

マネーベルトにしまった方がいいものは主にお金やクレジットカード、パスポートなどです。

その他にも写真のデータが入ったSDカードや鍵、事前に買っておいたSIMカードなどを入れる方もいます。

コンパクトさも大切ですが、入れたいものがすべて入るかどうかも大切なポイントです

スキミング防止素材かどうかでマネーベルトを選ぶ

すべての素材がスキミングを防止できるわけではないため、スキミング防止素材を使っているマネーベルトだとより安心です。

購入する際は素材も注意してチェックしてみてください。

 

海外旅行におすすめのマネーベルト5選

海外旅行におすすめのマネーベルトとは

ここでは筆者が実際に使ったことのある商品も含め、おすすめのマネーベルトを紹介します。

SURCHAR パスポートポーチ

首掛けにも斜めがけにもできる、スキミング防止機能付きのパスポートバッグ

軽くて耐久性が高い上に、ポケットの多さやカラー展開も豊富です。

薄いデザインなので、洋服の下やお腹のまわりに装着していても、周りの人から見えることはありません。

OUTDOOR ネックポーチ

収納ポケットや仕切りがたくさんあり整理しやすく、大容量のネックポーチ。

これ1つにほぼ全ての貴重品が入りますが、見た目はすっきりとしていて目立ちません。

カラー展開も多く、デザイン性にこだわりたい人におすすめです。

EagleCreek アンダーカバーマネーベルト DX

created by Rinker
Eagle Creek(イーグルクリーク)
¥1,782 (2023/01/28 19:12:09時点 Amazon調べ-詳細)

Eagle Creekのアンダーカバーマネーベルトは、通常サイズとDXサイズがあります。

通常サイズでは小さく感じた人もDXサイズであれば十分に入る上に、体にフィットして目立ちにくいです。

肌身はなさず持っているものなので、フィット感は大切にしたいですよね。

LiberFlyer セキュリティポーチ

中身が見やすく、取り出しやすい見開きタイプ。

6.1インチまでの大きめのスマホ、イヤフォンも収納できます。

スキミング防止、防水素材で普段使いもしやすいサコッシュバッグです。

LiberFlyer セキュリティウエストポーチ

旅行経験が豊富なスタッフチームにより考え抜かれた作りで、フロントポケット、背面メッシュポケット、メインポケット(カード用の整理ポケット付き)の3つのポケット仕様になっています。

1.3cmの薄型設計のため服の中にも隠しやすく、外からも着用が分からないデザインです。

フィット感が高く、腰に負担が少ない柔らかい”High Fit ゴムベルト”が採用されています。

海外旅行に持っていきたいおすすめのマネーベルトまとめ

海外旅行にもっていきたいマネーベルト

タビスケ
貴重品がなくなると旅を楽しむどころではなくなってしまうので、貴重品の管理には気をつけましょう!

もしものことを想定して、貴重品は2つに分けておくことをおすすめします。

旅中のちょっとした外出にも使えるコンパクトなもの、すべての荷物を持ち運ぶ時にも身につけて使う大容量のものなど、自分にあった使い方を想像して選んでみてください。

これで完璧!旅行の持ち物リスト一覧

旅に持っていくべきものすべて紹介 海外への旅や旅行に何をもっていくか、何度も行ったことがあるベテランでも毎回悩むことがあると耳にします。 特に初めての海外ならなおさら、何を持っていくべきか悩むのではないでしょうか。 たいていの[…]

旅人が選ぶ旅の持ち物
海外旅行はマネーベルトがおすすめ
最新情報をチェックしよう!
>共に成長する仲間たちがいる「タビゼミ」

共に成長する仲間たちがいる「タビゼミ」

やりたいことお金を言い訳に諦めていないか。好きなことで生きて何が悪い。次世代の旅人を育成する旅人育成家シャンディによる、「好きなことで生きるための方法」を一緒に考え実践に移していくサロン。大切なのは一歩踏み出し行動する勇気と共に闘う仲間たち。生き方は人それぞれ。それぞれに合った生き方を一緒に探そう!

CTR IMG